ホーム > 自信が持てるオーラルケア > 歯ブラシの選び方

自信が持てるオーラルケア 「歯ブラシの選び方」

歯ブラシの選び方

歯ブラシなんてどれも同じだと思っていませんか?

奥歯みがきのポイントは、なにもみがき方だけではありません。道具選びも大切な奥歯をむし歯や歯周病から守るために重要なのです。リーチ®は、奥歯みがきのための3つの基本設計で、その人にあった磨き方で高いパフォーマンスを発揮できるよう綿密に計算されています。

1.アングルネック 2.コンパクトヘッド 3.にぎりやすいグリップ

こうした数々の機能的デザインが、何度も試行錯誤をかさねて生まれたリーチ®の歯ブラシを特徴づけているのです。

進化しつづけるスピリッツに裏づけられた確かな歯ブラシ

リーチ®の誕生は、1972年、二人のエンジニアと一人の歯科医の出会いにさかのぼります。分野を越えたエキスパートたちは、毎日使う歯ブラシの形と機能に新たなイノベーションをもたらすことにチャレンジ。
 
多くの仮説を重ねる中で、「歯ブラシのヘッドがより小さければ、個別の歯をみがきやすいのでは」、「2段に並んだ短い毛先はどうか」、「柄の部分に親指グリップがあればコントロール性が向上するのでは」、「歯科器具のように、ネックに角度がついていれば?」といったリーチ®の核となるテーマを追究。

Industrial Design Magazine NOV/DEC(1997)より Industrial Design Magazine NOV/DEC(1997)より

1984年 「リーチ とどく篇」(デンタルミラーが製品に変化するCG)
1984年 「リーチ とどく篇」
(デンタルミラーが製品に変化するCG)

こうしたチャレンジによって、最もスマートなツールをデザインする新しい情熱による新しいブランド、リーチ®は生まれました。そして1977年米国にて、これまでの歯ブラシの常識を打ち破るコンセプトで鮮烈にデビュー。一気にユーザーの信頼を集め、日本でも1980年に発売し、日本市場に変革をもたらしました。

1996年 「リーチコントロール カルテ篇」
1996年 「リーチコントロール カルテ篇」

そのスピリッツは、リーチ®のDNAにたしかに組みこまれ、今も進化し続けています。明日のオーラルケアを見つめながら、さまざまな製品開発を通じて次のステージへ。リーチ®は確かな技術でみなさんの歯の健康を守る歯ブラシです。

奥歯を制するために!自分にぴったりの歯ブラシを見つけよう!

「むし歯になりたくないから」、「歯周病を予防したいから」、オーラルケアを意識するきっかけは人それぞれ。でも、むし歯ケアも歯周病ケアも、すべての基本は奥歯みがきなのです。他の歯やカラダの健康に大きな影響をあたえないためにも、リーチ®の歯ブラシで奥歯をケアしてください。
 
奥歯のむし歯を予防したい人のための「奥歯集中ケア」はもちろん、「歯周クリーン」や「歯間も徹底ケア」、「ホワイトニング」、「キッズ」など、すべてのリーチ®製品に奥歯をしっかりみがくための3つの基本設計が備えてあります。リーチ®製品なら、ニーズにあわせてどの歯ブラシを選んでも、奥歯の奥までしっかり届いて、プラークなどをしっかり落としてくれます。

リーチ®の歯ブラシラインナップはこちら